エコ活動 未来の地球のために… フジダンは環境保全に積極的に取り組んでいます。

フジダンは、環境保護プロジェクトecodan(エコダン)を通し、植林を中心とした環境活動へ貢献しています。

ecodan(エコダン)とは?

フジダンは創業50年以上の長きにわたり発展させて頂きました。
パルプを原材料としたダンボールの製造メーカーとして、環境問題に対し積極的に取り組むべきと考えております。これまで、フジダンでは主要設備の稼働率向上や重油使用料の削減を通してCO2削減の活動を行ってきました。また現在は、フジダン岩槻工場でCO2削減の活動として、全ての照明のLED化を実施しました。結果として、およそ照明電力の60%削減に成功しました。
更に取り組むべき事項として活動をはじめたのがecodan(エコダン)です。
樹木(パルプ)の一方的使用ではなく、チャレンジ25や植林活動を通じ、CO2削減+O2の供給を目的とした環境保護の取り組みを行います。

環境に貢献できるecodanを使おう!NPO法人を通じて、収益の一部を寄付し植林活動へ役立てています。弊社への通常通りのご発注(ご購入)で、植林活動へご協力頂いたこととなります。

寄付金先のご紹介

特定非営利活動法人 アジア植林友好協会

法人認証番号
14生都協市特第692号
代表理事
宮崎林司
法人設立日
平成14年9月10日
活動内容
アジア地域で植林活動を行うことでアジアの熱帯雨林の再生に寄与すること、また、植林活動を通じてアジア地域の人々の民生向上(自立支援)強力していくことを目的とする。

収益の一部を、インドネシア バリ島で行われている植林活動に寄与しております。

植林場所
インドネシア共和国バリ州バンリ県キンタマーニ郡
ペネロカン地区(海抜900~1000m)
面積
植林必要総面積:2,075ヘクタール(628万坪)
第一フェース:80ヘクタール
植林本数
1000本/ha